はたらく人の健康をサポートします。

「治療と仕事の両立支援制度」を導入し、両立支援コーディネーターを配置・活用した等の場合に助成が受けられます。

<事業主の方へ>
厚生労働省は、平成28年2月に「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を定め、がん、脳卒中、心疾患、糖尿病、肝炎などの疾病を抱える労働者が治療を受けながら働き続けられるための取組を進めることを推進しています。

「治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)」は、事業主の方が「両立支援環境整備計画」を作成し、計画に基づき新たに両立支援制度の導入を行い、かつ、両立支援コーディネーターを配置した場合に助成を受けることができる制度です。

「治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)」は、事業主の方が両立支援環境整備計画期間内に事業所に配置されている両立支援コーディネーターを活用して両立支援プランを策定し、対象労働者に適用した場合に助成を受けることができる制度です。

詳しくは下記をご覧ください。
治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)

治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)