はたらく人の健康をサポートします。

先般、和歌山労働局から第13次労働災害防止計画(和歌山労働局版)が
発表されました。

働く方々一人一人はかけがえのない存在であり、それぞれの事業場において、
一人の被災者も出さないという基本理念の下、安心して働くことのできる職場の
実現に向け、2018年度から2022年度までの5年間に事業所、労働者等の関係者が
目指す目標や重点的に取り組むべき事項を定めたものです。

計画では目標として以下の項目を掲げています。

① 死亡災害を前次の5年間と比較して15%以上減少させる。
(業種別では製造業10件以下、建設業12件以下、運輸交通業5件以下、林業2件以下。)

② 死傷災害(休業4日以上)を前次の5年間と比較して10%以上減少させる。
(業種別では小売業、社会福祉施設、飲食店については平成29年の死傷者数より減少させる。)

③ 上記以外の目標
・ ストレスチェックの実施率90%以上。(2016年82.6%)
・ 腰痛の発生件数を前次の5年間と比較して10%以上減少させる。
・ 職場での熱中症の発生件数を前次の5年間と比較して10%以上減少させる。

詳しくはこちらをご覧ください。
第13次労働災害防止計画(和歌山労働局版)